ILS 20th Anniversary

井上直美留学研究所は2020年4月で創立20周年を迎えました!

ILS Inoue Language Studies Co.,Ltd.

有限会社 井上直美留学研究所
イノウエ・ランゲージ・スタディーズ

Facebookページ

採用情報

お問い合わせ・ご予約・資料請求

フリーダイヤル0120-034-203

受付時間
月~金曜 9:00-18:00、土曜 9:00-12:00
メールでのお問い合わせ

英語スクールENGLISH SCHOOL

PICK UP

無料体験レッスン 随時受付中!

お気軽にお問い合わせください。

オンラインレッスン開始!

ご自宅でレッスンを受講いただけます。

英語資格対策も万全です!

TOEFLやIELTSをはじめとする様々な資格・検定試験指導を行っております。
生徒様それぞれに適した方法で、効率的に力をつけていただくためのノウハウがあります。
どうぞご安心ください。

  • 英検
  • IELTS
  • TOEFL
  • GTEC
  • TOEIC
  • TEAP
  • ケンブリッジ英語検定

講師はバイリンガルの日本人のみ、
スピーキング重視の総合的なレッスン。
これにはワケがあります。

ILSが実践する英語教育
ILSが実践する英語教育とは

日本人講師が英語と日本語でレッスンを行います。

私たちILSは、日本人同士だからこそ伝わるニュアンスを大事にしています。講師が外国人の場合、生徒は受け身になりがちです。でも講師が日本人なら、臆することなく質問や会話ができ、積極的な姿勢で授業に参加できるため、より確実に英会話のスキルが身につきます。
そして、生徒と同じ立場からスタートし、自ら努力して英会話を身につけた講師が、先輩として生きたノウハウやアドバイスを伝えてくれます。英会話は結局、熟練した日本人から学ぶほうが、効率よく習得できる近道なのです。

文法をわかりやすく学んでいただきます。

英会話は、ブロークン・イングリッシュや単語の羅列だけでは伸びていきません。仕組みとして、ルールとしての文法を学ぶことが、英語を話すためには絶対に有利。なぜなら、英語をしっかりとした文章でしゃべることが、外国の方と同じ立場で対等に会話するための王道だからです。外国の方との間で、ひとりの人間として意思を伝え、意見を交わし、理解し合う本当の意味でのコミュニケーションをとり合うためには、正しい文法に則った大人の英語をしゃべることが必須条件です

ILSでの取り組み

受験対策もばっちりです。

公立の高等学校及び岡山大学付属中学校はもちろん、私立の高等学校(岡山白陵高等学校/岡山中学・高等学校/明誠学院高等学校/岡山学芸館高等学校/清心女子高等学校/就実高等学校/岡山理科大学附属高等学校/倉敷高等学校/関西高等学校/金光学園高等学校/山陽女子高等学校)にも対応しています。また大学受験対策にも力を入れており、毎年国公立・難関私立大学へ多数合格しています。

~2019年度受験結果合格速報~
大学
  • 大阪大学(外国語学部)
  • 愛媛大学
  • サザンクロス大学
  • レスター大学
  • モナッシュ大学
  • 上智大学
  • 明治大学
  • 同志社大学
  • 甲南女子大学
  • 関西外大短期大学部
  • 岡山理科大学
  • 流通科学大学
高校
  • 岡山朝日高校
  • 岡山操山高校
  • 岡山東商業高校、
  • 岡山高校(難関)
  • 明誠高校(三類)
  • 学芸館高校(医進・スーパーV)
  • 関西高校(国立進学)
  • 就実高校(アドバンス・チャレンジ・総合進学)
  • 清心高校
~今までの合格実績~
大学
岡山大学
岡山大学
  • 香川大学(医学部医学科)
  • 愛媛大学(医学部医学科)
  • 大阪大学
  • 一橋大学
  • 岡山大学
  • 岡山県立大学
  • 香川大学
  • 山口大学
  • 島根大学
  • 長崎大学
  • 奈良女子大学
  • 水産大学校
  • 慶応義塾大学
  • 早稲田大学
  • 上智大学
  • 立教大学
  • 明治大学
  • 法政大学
  • 同志社大学
  • 同志社女子大学
  • 立命館大学
  • 関西大学
  • 関西学院大学
  • 甲南大学
  • 神奈川大学
  • 京都ノートルダム女子大学
  • ノートルダム清心女子大学
  • 就実大学
  • 他多数
高校
朝日高校
岡山朝日高校
  • 広島大学付属福山高校
  • 岡山朝日高校
  • 岡山城東高校(英語科・普通科)
  • 岡山操山高校
  • 岡山大安寺中等教育学校
  • 岡山芳泉高校
  • 岡山一宮高校(理数科・普通科)
  • 津山工業高等専門学校
  • 東大寺学園高校
  • 啓明学院高校
  • 岡山白陵高校
  • 岡山高校(難関)
  • 学芸館高校(スーパーV・英語科)
  • 就実高校(ハイグレード・アドバンス)
  • 関西高校
  • 倉敷高校(特進)
  • 他多数

学校の授業対策(予習・復習)も行います。

プライベート・レッスンのため、生徒様おひとりおひとりの進度・カリキュラムに合わせてレッスンを行います。もちろん、学校の授業の予習・復習も万全です。

英語資格対策(英検・TOEIC・TOEFL・IELTS)

英語学習は、いつでもスタートできます!どのレベルからスタートしても「世界基準の英語力」が身につくように、ILSでは懇切丁寧に指導いたします。
「世界基準の英語力」とは、フローチャートもご参照ください。

英検
資格試験実績~英検準1級~

※学年は合格当時

日本英語検定協会により実施されているテストです。
受験級は5級・4級・3級・準2級・2級・準1級・1級と7段階に分かれており、年に3回(6月・10月・1月)試験が行われます。1次試験にてリーディング・リスニング・ライティング(3級~1級)の3技能が図られ、合格した場合約1か月後に2次試験としてスピーキングテストを受験します。1次試験は全て紙媒体で行われ、2次試験は試験官と対面式にて面接が行われます。1次試験及び2次試験の両方に合格することにより、その級の合格証を受取ることができます。
採点方式はCSEスコアです。各級それぞれに満点と合格点が定められ、4技能(5・4級では3技能)の合計が合格点を超えた場合、その級の合格となります。

例)
2級の満点2600点 合格点1980点
準2級の満点1800点 合格点1284点

採点方式詳細は発表されていませんが、5級~2級においては各技能約6割以上の正答率、準1級~1級においては、約7割以上の正答率で合格となるケースが多い様です。

また、大学入試に活用される予定であった英検には「S-CBT」及び「CBT」と2種類あります。
しかしながら、2019年11月文科省の発表により、大学入試における外部資格試験の利用は見送りとなりました。大学一般入試には活用できませんが、「S-CBT」は高校3年生のみが受験できる試験です。リーディング・リスニング・ライティングは紙媒体で行われ、同日にコンピューター吹き込み式にてスピーキングを受験します。
一方「CBT」は誰でも受験できます。4技能ともにコンピューター媒体により試験が行われます。「S-CBT」及び「CBT」においては1次試験や2次試験という区切りはなく、同日に4技能全ての試験を受験することになります。
なお、どの英検においても、問題や設問方式、難易度等全て同じに作成されています。

IELTS

イギリスのブリティシュ・カウンシルという機関が実施しているテストです。 4技能それぞれの試験において正答率に応じて0から9.0まで0.5きざみのバンド(スコア)が与えられます。 4技能それぞれのバンドからoverallというトータルのバンドが与えられます。 Reading、Listeningは紙媒体で選択式や記述式の問題があります。 Writingも紙媒体で合計400語程度英作文を行います。 Speakingは外国人の面接官との対面でインタビューを行います。

TOEFL

アメリカの ETS という機関が実施しているテストです。 4技能それぞれの試験において0~30 点まで与えられ、トータルのスコアは 0~120 点です。 4技能ともにコンピューター媒体で試験が行われ、Reading、Listeningでは選択式、Writingは合計450語程度の英作文を行い、Speakingはパソコンに向かって発話し録音、後日採点されます。

TOEFL実績

※学年は合格当時

GTEC

ベネッセコーポレーションが実施しているテストです。 GTEC は、中学生向けの「Core」、中高生向けの「Basic」、高校生向けの「Advanced」、「CBT」の4つに分類されます。 どの試験も4技能の試験となり、Speakingはどれもパソコンにて録音式の試験となります。 「CBT」のみ、4技能全てパソコンにて解答します。それぞれの試験によって配点は異なりますが、例えば「CBT」ではそれぞれ4技能が0~350点、合計で0~1400点満点となります。 「Core」、「Basic」、「Advanced」、「CBT」いずれも獲得点数に応じてGrade1~9が与えられます。

TOEIC

TOEFL同様、アメリカのETSという機関が実施しているテストです。 Reading、Listeningは紙媒体で行う選択式の試験であり、各495点満点です。 Writing、Speakingはコンピューターにて録音、解答します。 メールの返事をしたり、問題に対する解決策を述べたり、ビジネスシーンをイメージした試験です。 Writing、Speakingは各200点満点ですが、2.5倍することにより4技能ともに約500点満点、計約2000点満点のテストとなります。

TEAP

英検同様、日本英語検定協会により実施されているテストです。 紙媒体、コンピューター媒体の2通りのスタイルがあります。 前者は、4技能各100点、合計400点満点、後者は、4技能各200点満点、合計 800 点満点です。 いずれのテストも、Reading、Listeningは選択式、Writingは記述式となります。 Speakingにおいては、紙媒体の試験では面接官とのインタビュー形式、コンピューター媒体の試験ではパソコンへの録音式となります。

ケンブリッジ英語検定

イギリスのケンブリッジ大学英語検定機構により実施されているテストです。 容易なものから「Key」、「Pre」、「First」、「Advanced」、「Proficiency」と5段階の試験に分けられています。 どの試験においてもSpeakingは面接官との対面方式ですが、他3技能は紙媒体、コンピューター媒体どちらもあります。

まずは「無料体験レッスン(1回30分)」を受けてみてください!

初めての英語スクール、「難しかったらどうしよう?」「先生との相性は大丈夫かしら?」など、ご心配やご不安をお持ちかもしれません。
ILSでは、アットホームな雰囲気の中で楽しく英語が学べるようにプライベート・レッスンを行っています。まずは、お気軽に「無料体験レッスン(1回30分)」にお越しください。レベルチェック・テストの結果、オリジナルのレッスン・カリキュラムをご提案させていただきます。
「無料体験レッスン(1回30分)」のお申込みは、今すぐにお電話かメールにてお申込みください。

ILS では大学新入試対策も万全です。

ILS講師は全ての資格・検定試験に精通したスペシャリストです。生徒様それぞれの適性に応じた資格・検定試験を選出し、効率良く無理のない体系で力を育んでいきます。そのために、幼児から小学生の段階では、以降の英語学習の基盤となる音と文字のルールを自然な形で身につけ、英語で自己表現ができるよう指導いたします。同時に、初めての英検から3級まで順次取得を目指します。中学生の段階では、文法力や単語力を育みつつ、4技能5領域を満遍なく身につけていく中で英検2級まで取得を目指します。高校生の段階では、いち早く英検準1級を取得されるよう指導させていただく中で、生徒様個人に適した資格・検定試験の選出及び対策を進めて参ります。

ILSでは今までに、TOEFLやIELTSをはじめとする様々な資格・検定試験指導をさせていただいております。生徒様それぞれに適した方法で、効率的に力をつけていただくためのノウハウを蓄積しております。どうぞご安心ください。

ご不明なことがございましたら、お気軽に事務局までお尋ねください!

スクールマネージャー
大館 直也

メールでのお問い合わせ